生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

ライフステージ別の生命保険選び(独身)

独身時代に備えておく必要がある費用は大きく分けて3つあります。しっかりと下記の項目を考え生命保険選びをしましょう。

  1. 死亡時の葬儀関連費用(お葬儀代、お墓代)
  2. 入院、手術の医療費用
  3. 老後の生活費用

独身の場合は最低限上記3つの費用の為の保障を準備しておく必要があるでしょう。

葬儀関連費用の為の生命保険
独身時代の生命保険選びとして、親や近親者の介護など特別な理由がない限りは自分自身の事をメインに考えて保障を持てば大丈夫です。
死亡保障に関しては葬儀関連費用の保障を持っておけば良いでしょう。お葬儀代は地域によってかかる費用は多少異なりますが、全国平均は約200万円ほどです。
次にお墓代ですがこちらに関しても、お墓を準備する場所などによって費用は異なりますが、全国平均は約140万円ほどなので、死亡保障は終身保険で300万円~500万円ほどあれば良いでしょう。
また、なぜ終身保険で準備した方が良いかというと自分が死んでしまう日がわかる人は誰もいません。一生涯保障のある終身保険で準備するのがベストです。
入院、手術に備える医療保険、ガン保険
入院、手術の保障に関しては健康保険が適用される治療であれば、高額療養費制度など公的な制度であるていど守られているので独身の場合、医療保険は日額5000円~10000円ほどあれば十分といえるでしょう。
しかし、医療保険は基本的には入院時の保障なので、放射線治療や抗ガン剤治療などの通院治療が長引くガンの治療にはあまり有効ではありません。
そこで独身であったとしても、通院治療が手厚いガン保険には、医療保険とセットで加入しておく必要があります。
老後の生活費用の為の貯蓄型保険
昔と違い現在は老齢年金もあてにはできない時代です。そこで、独身時から老後の為に少しずつでも老後資金の準備が必要です。
老後の為の積立と言えば、銀行で積み立てる方法が真っ先に思い浮かぶと思いますが、普通に銀行で積み立てを始めてもほとんど利子も期待できませんし、老後が来る前にちょくちょく引き出してしまい、なかなかお金が貯まらないかもしれません。
しかし、生命保険を使って積立をすれば簡単にお金を引き出す事もできませんし、低解約返戻金型終身保険や個人年金保険などは払ったお金より受け取れるお金の方が多いので老後の積立には非常に有効な方法と言えるでしょう。
以上の事から収入に余裕があるようなら月々10000円~30000円くらいは個人年金保険又は低解約返戻金型終身保険などで積み立てをすれば老後の生活費にも余裕ができるでしょう。