生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

低解約返戻金型終身保険のデメリットや特徴をまとめてみました。

      2017/10/17

皆さんこんにちは。皆さんは、低解約返戻金型終身保険という保険をご存知でしょうか。保険の基本形の一つでもある終身保険の一種のようですが、「低解約返戻金型」という言葉がついており、どうやら普通の終身保険とは違うもののようです。

今回は、この低解約返戻金型終身保険について、どのような保険なのか見ていくことにしましょう。

終身保険の特徴

低解約返戻金型終身保険を理解するにあたって、その基本となる終身保険の特徴をおさらいしておきましょう。終身保険の特徴は主に以下の3点です。

①一生涯の保障がある
終身保険はその名のとおり「身が終わる」までの保険です。つまり、一生涯にわたる保障が得られるというのが最大の特徴です。
②保険料を払い込む期間を決めることができる
一生涯の保障を得られると言っても、その保険料を生涯払い続けていくのは大変ですよね。終身保険は次に述べるような、お金が貯まる性質もあることから保険料は他の保険種類に比べると割高になっています。そこで、例えば60歳までとか、65歳までとか、保険料を払い込む期間を決めることができるのです。決めた期間までに保険料を払ってしまえば、その後は保険料を支払うことなく一生涯の保障を確保できるのです。
③貯蓄性がある
終身保険にはお金が貯まる性質があり、貯まったお金を現金化することにより、日々の生活に役立てることができます。終身保険に限らず、保険契約を解約して戻ってくるお金のことを「解約返戻金」と呼びます。多くの終身保険では、保険料払込期間満了後は、払った保険料よりも同等か、それ以上の解約返戻金を受け取ることができます。

以上が、終身保険の主な特徴です。簡単にいえば、一生涯の保障があり、お金も貯まる保険ということです。

低解約返戻金型終身保険の特徴

それでは次に、低解約返戻金型終身保の特徴を見ていきましょう。 低解約返戻金型終身保険は、その名が示す通り、解約返戻金の額が低く抑えられているという点が大きな特徴です。

つまり、普通の終身保険と比べるとお金が貯まりにくくなっているということです。その代わりと言ってはなんですが、普通の終身保険と比べて、保険料も低く抑えられています。

割安な保険料で、一生涯の保障を得たいという方には良い選択肢になると言えます。

解約返戻金が低く抑えられている、ということについてもう少し詳しく見ていきましょう。

実は、解約返戻金が低く抑えられていると言っても、ずっと低く抑えられているというわけではありません。保険料払込期間満了後は、普通の終身保険と同じ額まで解約返戻金が増えます。

つまり、解約返戻金が抑えられている期間は、保険料を払っている期間内だということです。具体的に言うと、保険料払込期間中、低解約返戻金型終身保険の解約返戻金は、普通の終身保険の7割程度に抑えられています。

それが、保険料払込期間後は10割に戻ります。例えば、60歳までを保険料払込期間としていた場合、59歳までは解約返戻金の率が70%だったものが、60歳になると100%になるということです。

低解約返戻金型終身保険のデメリット

この保険の最大のデメリットは、保険料払込期間中の解約返戻金が、普通の終身保険に比べて低く抑えられているということです。

これが保険料を払いきってしまえば、解約返戻金の額が普通の終身保険と同額になる、ということは前述のとおりですが、保険料を払っている期間中に何かの事情で保険を解約するようなことになった場合、解約返戻金が少なくなってしまうという事態になります。

終身保険の場合、基本的に保険料払込期間は30年前後の長期にわたることが多いです。その間には、家族構成の変化や、社会情勢の変化、転職などのご自身の状況の変化が起こり、収入と支出の計画が変わってしまうことも十分にあり得ます。

契約時には保険料を払いきる予定だったものが、様々な変化によってそうはいかなくなってしまった、ということも考えられます。低解約返戻金型終身保険をご検討の方は、上記の内容をよく理解してから検討してみてください。

低解約返戻金型終身保険の特徴まとめ

低解約返戻金型終身保険の特徴をまとめると、以下のようになります。

  1. 一生涯の保障を得ることができる
  2. 保険料を払い込む期間を決めることができる
  3. 貯蓄性がある
  4. 保険料を支払っている間の解約返戻金は7割程度に抑えられている。
  5. 普通の終身保険と比べて、保険料が割安になっている

いかがでしたでしょうか。私個人の意見としては、割安な保険料で一生涯にわたる保障を準備することができ、さらに貯蓄を兼ねることができるという点で、非常によくできた商品だと思います。

ただし、保険料を払いきる前提で契約をしないと、中途解約時には損をしてしまいますのでしっかり払いきることができる保険料設定になっているか、商品の検討と同時に検証をすることが必須の商品だと思います。

終身保険を検討されている方は、是非この低解約返戻金型終身保険も候補に入れてほしいと思います。ご自身のライフプランと合わせて、無理なく保険料を払っていけるような計画を立ててみてください。

それが、低解約返戻金型終身保険を検討するうえで、最も重要なポイントのひとつになると思います。

 - 保険お役立ち情報, 終身保険