生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

意外と知らない終身保険。選ぶポイントはココ!

      2017/10/17

皆さんこんにちは。今日は保険の基本形の一つでもある終身保険について、その特徴や選ぶ際のポイントを見ていきたいと思います。

終身保険の最大の特徴は

そもそも終身保険とはどのような保険なのでしょうか。終身保険の最大の特徴は、保障が一生涯続く保険だということです。

解約さえしなければ、必ずいつかはご家族が死亡保険金を受け取ることができます。そして貯蓄性のある保険になります。つまりお金が貯まっていく保険であるということも大きな特徴と言えます。

例えばご家族のための保障を確保しつつ、同時にご自身の老後の生活資金を準備していく、というようなことを可能にしてくれるのが終身保険なのです。

また、保険料をいつまでに支払ってしまうか、ということを自分で決めることができます。この特徴をうまく使うと、終身保険でお金を貯めるときに、より効率よく貯金をしていくことができます。

終身保険の使い道

終身保険は前述のような特徴を備えていることから、主に以下の目的で加入されることが多いようです。

  1. 家族のための保障(葬儀費用などへの備え)
  2. 資産形成(子供の学費、老後資金その他)
  3. 相続対策

1、については、一生涯の保障が得られることから、人生の最後に必要となるお金、つまり葬儀関連の費用に充てられるようにという目的で加入される方が多いです。

2、については、先ほども書いたように、終身保険はお金が貯まっていく仕組みがあるので、将来に向けての資産形成の手段として加入される方もいらっしゃいます。貯まったお金を使うには解約することが必要ですが、その解約返戻金を年金のように分割で受け取ることができるので、老後の年金の上乗せとして活用することもできます。また、保険料の払い込み期間を短くすることにより、より効率良くお金を貯めることができるので、終身保険にご加入を検討しようかなという時には是非、保険料払込期間による解約返戻率の違いを比較して見てください。

3、は解約しなければいつかは、ご家族が死亡保険金を手にすることができるという特徴を活用し、相続対策のひとつとして加入をされるケースもあります。ここでは相続についての詳しい話はしませんが、生命保険金は受取人の固有の財産となりますので、代償分割の資金源として活用することができます。

終身保険の種類

このように色々な使い方ができる終身保険ですが、巷では様々な種類の終身保険が販売されています。その代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

積立利率変動型終身保険

この商品の最大の特徴は、景気の変動に応じて積立利率が変動するところにあります。基準の利率が設定してあり、景気が上向きになっていけば、基準の利率を超えてお金が貯まっていくという商品です。

景気が悪くなっても基準の利率は保証されるので、堅実に貯めていきたいという人にはおすすめです。ちなみに、積立利率変動型終身保険とは別に、普通の終身保険を取り扱っている保険会社もありますが、この場合の普通の終身保険は利率が景気に連動しない代わりに、基準の利率が高めに設定されていることが多いようです。

変額終身保険

この商品はより積極的に資産運用をしていきたいという人におすすめの商品です。イメージとしては終身保険に投資信託を組み合わせたような商品で、払い込む保険料を、株や債券を組み合わせたファンドで運用することができます。

積立利率変動型終身保険よりも、より景気の変動を反映する特徴があり、運用によっては大きな成果が期待できます。

ただし、積立利率に最低保証が無いため、運用成績が良くないと、払い込んだ保険料に比べ貯まっているお金が少なくなってしまう可能性があります。その場合でも、保障に関わる部分については保証されているため、一生涯の死亡保障としてはしっかり機能してくれます。

特定疾病終身保険

これは終身保険の中でも保障の範囲を拡大した商品です。通常の終身保険は、死亡と高度障害に対する保障のみですが、特定疾病終身保険は死亡・高度障害のほかに、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)になった時にも保険金が受取れます。

もし三大疾病になってしまった時には、この保険金を使って治療を受けたり、その後の生活資金の足しにしたりすることができます。この商品も貯蓄機能がありますので、もし三大疾病にならずに元気に老後を迎えた際には、貯まっているお金を老後の生活資金に充てることができます。

ちなみに、三大疾病になった時の保険金は、保険会社によって受け取る時の要件が異なりますので、よくチェックしておくことが大切です。

さて、ここまで終身保険の基本からその種類まで見てきましたが、一口に終身保険と言っても結構いろいろな種類がありますので、自分が何のために保険に加入するのか、ということをよく考えてから選ぶことが重要です。

終身保険に限らず生命保険は、長い期間をかけて保険料を払い込むことがほとんどです。万一の時に、思っていたのと違う保険に入っていたということが無いよう、保険加入時にはしっかりと自分のニーズを確認してから契約するようにしてください。

また余談ですが、「利率変動型積立終身保険」という終身保険によく似た名前の保険があります。これは「アカウント型」とも呼ばれる保険で、一見終身保険のように見えてしまいますが、その内実は全く異なるものです。間違って契約しないように注意してください。

 - 保険お役立ち情報, 保険選びのポイント