生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

貯蓄型保険でお金を貯める時のポイント

      2017/10/17

生命保険を使ってお金を貯める方法はいろいろあります。
将来の事を見据えて、何の為にお金を貯めたいのかしっかり目的を持って保険選びを行う必要があります。そこで今回は目的別で保険の選び方をご案内します。

貯蓄型保険は目的別で考えよう

死亡保障を持ちつつ確実にお金を増やしたい方のための低解約返戻金型終身保険
低解約返戻金型終身保険は途中解約をすると元本割れをしてしまいますが、保険料の払込期間を満了すると払い込んだ保険料より解約返戻金の方が多くなる特徴があります。
また保険料の払込期間さえ過ぎれば必要な時に必要な分だけ自分で引き出す事ができます。
低解約返戻金型終身保険は基本的には死亡保障なので、保険料払込期間中に被保険者が亡くなると遺された家族が死亡保険金を受け取ることができるので、教育費の積立や老後の生活資金の積立をされたい方には有効的な保険です。
より多くの教育費を得たい方のための学資保険
学資保険とはその名の通り子供のための保険になります。簡単に言うと、将来必要になるであろう教育資金を確保するための保険です。どのタイミングで給付を受けたいかを考えて商品を選択します。
例えば子供が大学に進学する事になれば莫大な資金が必要となります。その大学資金を確保する為に、満期を高校卒業に設定すれば、大学進学の資金が確保できるというしくみです。
学資保険は死亡保障は付いていませんが、契約者が亡くなると以後の積立は必要なくなります。また、低解約返戻金型終身保険よりも戻り率は高いので、より多くの子供の教育費のを得たい方には有効な保険です。
より多くの老後資金を得たい方のための個人年金保険
個人年金保険とは老後の資金を準備するための保険になります。老後は公的年金をもらい生活をする事になりますが、その公的年金だけで生活できるのか、しっかり公的年金は支払われるのかなど、いろいろと不安要素があげられます。
個人年金保険は保障と言えるものは付いていませんが、低解約返戻金型終身保険よりも戻り率が高いので、より多くの老後の生活資金を準備したい方には有効な保険です。
少しでも多くの利益を得るための方法
保険料の払い方は、月払い⇒半年払い⇒年払い⇒前納払い(一部、全部)⇒一時払の順で積立利率が上がりますので、どんは保険で貯蓄をするにせよ一時払いで保険に加入すればより多くの利益を得ることができます。

 - 保険お役立ち情報, 貯蓄型保険