生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

ライフステージに合わせて生命保険を見直す

生命保険はライフステージに合わせて見直す必要があります。独身なのか既婚なのかでも必要な保険や必要保障額などが変わってきます。例えば男性の方が、独身時代にまだ独身だからという理由で医療保険中心の保険に加入していたと仮定します。

そのこと自体は間違いではないと思いますが、その方が結婚し子供が生まれても保険を独身時代のままほったらかしにしていて、万が一亡くなってしまったら、ご家族はわずかな死亡保険金しか受け取ることができません。

遺されたご家族の経済的な打撃は計り知れないものになってしまいます。そういった事にならないためにも、保険はライフステージに合わせて見直す必要があります。

生命保険見直しのタイミング

では、どんなタイミングで保険を見直したらいいのでしょうか。人生設計は人によって違うので、絶対にこのタイミングですとは言い切れません。なのでここでは一般的な話をしておきます。

子供が小さい時

一般的には、結婚した時、子供が生まれた時、子供が独立した時、定年退職した時などのタイミングでは見直した方がいいと言われています。
子供が小さい時は、奥様が働けなくなり収入が少なくなるのが一般的です。また子供にかかるお金が発生するので使用できるお金も少なくなります。
そんな時に高い保険料の保険を選んでしまうと、家計を圧迫してしまいます。そんな時は終身保険ではなく、安い保険料で手厚い保障のある定期保険にすると良いと思います。

マイホーム購入時期

子供が大きくなる頃には、大学に行くお金、マイホームのお金など大きな支出が沢山出てきます。それを見据えて保険料は抑えて貯蓄もしなければいけません。ただこれぐらいになると奥様も仕事を始められ、またマイホーム購入時に団体信用生命保険という、契約者が亡くなった時にローンが免除される保険があるので定期保険の保障金額は下げられると思います。

子供独立、退職時期

子供が独立する頃には、自分自信の収入も上がり、子供の養育費等もなくなるので、家計に余裕が出てくると思います。その頃には貯蓄も溜まっているので、生命保険の保障額はをさらに小さくすることができます。このように、ライフステージの変化によって見直しを行い、家計に余裕が出て貯蓄ができればどんどん保険からは卒業できるようになります。