生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

子供の成長によって生命保険の見直しを行う

万が一の時に備えて入る生命保険は、自分が死亡した時に残された家族にどれだけのお金を残さなければいけないかという事を考えて保障額を決めていると思います。必要な保障額は子供の成長と共に教育費を消費しているので変化していきます。子供が独立すれば教育費が無くなり、生活費も子供の分を考えなくて良くなります。

一般的には「必要な保障額は子供の成長と共に減っていくから定期的に生命保険の保障額を見直していった方が良い。」と言われていますが、定期的にというのはどれぐらいのスパンで見直していけばいいのでしょうか。実は頻繁に保険内容を見直す必要はありません。一般的な生命保険の見直しのタイミングをしっかり理解していきましょう

大学を卒業するまでは保障額を減らさない方が良い。

子供の成長によって生命保険を見直した方が良いと説明しましたが、実は大学を卒業するまではそんなに保障額を減らすことができないのが現実なのです。では、なぜ大学を卒業するまでそんなに保障額を減らすことができないのか。答えは非常にシンプルです。それは大学にかかる費用が大きいからです。

文部科学省などのデータを見てみると幼稚園から高校卒業までの15年間の費用がオール国公立で約500万円かかると言われています。またオール私立で約1600万円の費用がかかります。それと比較し、大学の費用は国立で自宅から通った場合で約500万円、下宿なら約800万、私立で自宅から通った場合で約700万円、下宿なら約1000万円かかると言われています。それらを考えると、大学で4年間にかかる費用は、幼稚園から高校までの15年間とほぼ同じくらいの費用がかかるのです。

また、子供は大きくなればなるほど、食費もかかりますし遊興費などもかかるケースもあります。以上のことから子供の成長と共に定期的に保険を見直すというのは、あまりおススメできませんが、もし保障重視で定期保険をメインで保険に加入している方でしたら子供が高校を卒業した時か、大学を卒業した時には保険の見直しをして保障額を減らしても大丈夫でしょう。