生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

生命保険、貯蓄型のメリットとは。貯蓄を増やせば保障は減らせる

貯蓄をする事で保障は減らす事ができるのでしょうか。結論から言うと貯蓄で保障を減らす事ができます。まさにそれこそがメリットです。しかし貯蓄には長い時間が必要となるため、保険の優れたしくみを利用します。

万が一に備えて入る生命保険ですが、毎月支払い続ける事を考えると手痛い出費となります。だからといって全く保険に加入しないのも無謀な賭けとなります。

今の現状としっかり向き合い、保険のしくみを理解してライフステージにあった保険を選択しなければなりません。

しかし日本は世界有数の長寿国です。自分の健康に気を配り、万が一の時のために日頃から貯蓄しておけば将来かかるであろう自分の子供の養育費や住宅ローン、老後の蓄えなどさまざまな場面で対応する事ができると思います。

しかし突然の大病、死亡などのリスクがいつ自分の身に起こるかは誰にもわかりません。そういう時の為に、保険の手助けをかります。
貯蓄は三角、保険は四角と言われているように、貯蓄には長い時間が必要となりますが、保険は加入した時点で、保障が準備されます。それが保険の優れたしくみなのです。

時間の経過につれ保険を手放す事ができる

時間の経過につれて将来残しておきたい保険金は減少していきます。理由としては、子供の成長によって養育費からの卒業、収入アップ、貯蓄の増加などによって自分自身で対応できる準備が整ってくるからです。保険は加入したらそこで終了ではありません。その時のライフステージ、生活環境にあった保険に切り替えていく必要があるのです。

保険を卒業するためには貯蓄する事が重要となります。

保険料の支払いが大変で貯蓄まで出来ないという事だけはさけ、将来のための貯蓄に力をいれ、保険から卒業できるようにしましょう。