生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

保険料をとにかく安くしたいと考えている方向けの見直し術!

      2017/10/17

定期保険は「お金をどぶに捨てるようなもの」
月々支払っている保険料を少しでも抑えたい、と考えている方は少なくありません。特に、養老保険や終身保険、年金保険といった「貯蓄ができる」保険に加入されている方は、将来必ず満期保険金や解約した時の返戻金が保険料の額を上回ることが保障されていますから、無理をしても払い切ろうと考えるはず。

ところが、掛け捨て型の定期保険に加入されている方の場合、事情は異なります。毎月5万円もの保険料では、年間60万円。10年で600万円、20年だと1,200万円を支払うことになりますが、これが全て掛け捨て型の場合、何もなければ(つまり、死亡しなければ)保険料は無駄になってしまう、と思われがちです。

確かに、1,200万円を家のローンに支払っていれば、もう少し広い家に住めたかもしれませんし、子供の養育資金に充当できたかもしれません。それを考えると、定期保険は「損をする保険」と言われても仕方ありませんね。

掛け捨て型部分を少なくすれば、その分貯蓄ができる

生命保険の掛け金を安くする方法をいくつかご紹介していきましょう。

1)月払いを年払いに変更する
年払いの場合は月払いよりも数%掛け金が安くなりますので、家計には若干優しくなります。ただ、年に1回保険料を支払うことを忘れると保険はいきなり消滅しますので、注意が必要です。
2)減額する
減額とは文字通り、保険金額を下げることです。例えば、A生命に5,000万円、B生命に1,200万円、C共済に1,000万円と合計7,200万円の保障に加入していた、としましょう。
基本的に保険は1社ですべてを揃えたほうが何かと安く済みます。7,200万円の保障がどうしても必要ならば、A生命に加入しなおして保険料が安くなる場合があります。それは保険金額が5,000万円を超えると割引がどの保険会社にも適用されているからです。
また、保険金の総額をグッと下げればその分保険料は下がります。ただ、減額が可能な金額は保険会社によって異なります。例えば日本生命の定期保険ならば保険金額の最低は1,000万円…といった縛りがあります。
3)リスク分散型保険に加入する
リスク分散型とは、非喫煙型保険、あるいは健康体保険です。会社によっては過去2年の間に病院に通院していない方には、より安い保険料で高い保険金の定期保険を販売できます。今の保険料と比較してもまだ安いならばそちらへ乗り換えたほうが良いでしょう。
4)定期保険から低減定期保険に乗り換える
ここからはすこしプロの領域へと移ります。
定期保険とはこういうものです。
teikihoken
この保険は30歳から60歳までに死亡すれば、いつでも5,000万円が支払われます。ですが、60歳を過ぎれば、保険金は0円です。
teigenteikihoken
低減定期保険とは、このようなカタチをしています。30歳で死亡したら5,000万円の保険金が支払われますが、死亡年齢が35歳、37歳、42歳…と高くなるにしたがって、保険金額は小さくなります。
これは住宅ローンの残債を考えれば一目瞭然でしょう。その時期その時期に必要な保障額を設定した保険に加入すると、自然にこのような形になって行きます。これを低減(下がっていく)定期保険といい、定期保険の半分の保険料で済むのです。
乗り換えの年齢や残りの保険金の高さ(額面)にもよりますが、この方が保険金額もリーズナブルになり、保険料もお安くなることから、ぜひこれに乗り換えすることをお勧めします。
5)払い済みにする
払い済みとは「もう保険料を払うのはやめるけど、保険は続けたい」という考え方。ただし、定期保険ではなく、養老保険や終身保険の場合に当てはまります。
払い済みにする方の多くは終身保険を利用するようです。仕組みはこうです。
例えば、保険金1,000万円の終身保険に加入しており、その保険料は3万円。終身保険1,000万円はいつでも死亡保険金額が1,000万円あるし、保険料が支払い終わった60歳以降は葬式代として1,000万円が貯蓄されています。
ただ、今どき1,000万円の葬儀代は高すぎる…、とお考えの方もいらっしゃるでしょう。その場合は、今まで支払った保険料の合計を出して、払い済みにします。結果、300万円の終身保険として残る…となれば、以後の保険料は0として、残します。
むろん、加入したての終身保険では払い済みは不可能ですが、保険会社の担当者に依頼し、今払い済みにしたらいくらの終身保険になるのかを確かめてもらいましょう。保険担当者も、保険の解約ではなく払い済みならば、すぐに家に来てくれるはずです。
6)医療保険を見直す
医療保険の見直しは、1歳でも早い方が安くなります。医療保険は非常に複雑ですが、割り切って考えることが大事。
短期入院でも保険からお金が出たほうがいいのか、長期入院に備えるのかのどちらかを選びましょう。
大事なのは、1入院の日数です。
  • 1入院30日(連続して30日間使える)
  • 1入院60日
  • 1入院90日
  • 1入院120日
  • 1入院180日
  • 1入院360日

などに細かく分かれています。これに、入院日額を加えます。
  • 5,000円/日
  • 10,000円/日

が最も多いパターンです。

保険料を安くしたいならば、日額の10,000円を優先して、日数を減らしましょう。30日型は少額短期入院保険を探せば、掛け金が2,000円程度で加入できます。
これでは不安、という方は損保系の医療保険に加入しましょう。月額3,500円程度で終身払いですが、ガン保険と入院保険がセットになっています。1入院は60日型ですが、1日10,000円給付金が出ます。
生命保険の医療保険よりも査定が厳しくなく加入できることや、損保会社が販売する医療保険は人件費がかからないことから、安い保険料がウリです。
様々な方法で、保険料を安くして、日々の家計の助けとしていただければ幸いです。

 - 保険お役立ち情報, 保険の見直し