生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

知って得する生命保険料を安くする方法!裏技大公開!

      2017/10/17

生命保険は、金融庁のお墨付きをもらったものだけが販売されている!
世の中で一番「分かりにくい」商品が、生命保険です。普段は全く必要性を感じることがないのに、自動車事故や火災事故、あるいは白血病やガンで身内や知人が亡くなると、残された遺族のことを考えて「保険が必要だなあ」と考えだすものです。

普段必要のないものだが、持っておいた方がいいもの…それが生命保険。大事な商品であることは誰でも頭では理解しているでしょう。でも、いざ月々の保険料を計算すると、「もし毎月この保険料3万円を貯金に回せば、家族旅行の資金になるのになあ~」などと現実的なイベントに思いを浮かべてしまう方が少なくありません。

それに追い打ちをかけるのが「生命保険の超複雑な仕組み」です。保険は決して簡単な商品ではありません。死亡保険金があり、貯蓄機能もあり、医療保険部分もあり、将来の介護保険に変更できる部分さえ備わっています。

例えば、終身保険と定期保険をくっつけた「定期保険特約付き終身保険」。2つの保険が一体になっていることが分かる方はそう多くはないはずです。

日本で最も多くの方が知らずして加入していたこの保険ですが、10年おき、15年おきに保険料が値上がりする特徴がありました。

ところが、実はこの商品も保険料を少しずつ安くしていくことが可能。今回はこうした裏技を公開いたしましょう。

「変換」で、定期保険を低減保険にしよう

定期保険とは、こういうものを指します。

●保険期間20年、保険金 5,000万円

定期保険は、定期券の「定期」を意味し、期間が決まっているもの。10年、20年、50歳までなど。

保険金は、保険期間内で同じ金額が支払われますが、保険期間が過ぎてしまえば、払った保険料(掛け金)は一切戻ってきません。そこで「掛け捨て」という呼び名が付いています。

定期保険の場合、10年、20年と同じ保険金額が続きますが、人によっては10年後は今と同じ保険金額は多すぎる、というケースがあります。

子供が3歳の方と、子供が17歳の方では、死亡保障はどちらの方が多く設定されるべきでしょうか?単純に考えれば、3歳の子供が成人するまではあと20年ほどは保障が必要です。これに比べて、17歳の子供に残しておくべき保険金額は、あと5年分程度で良いのではありませんか?

根拠は次のように考えます。3歳の子供に、将来何歳まで養育費を掛けてやるのか?もし大学卒業まで、と決めるならば厳密には19年間。でも、浪人をしたり留学をしたり、あるいは就職がすんなり決まらなかった場合は、少々長めに残り20年間の養育費用、教育費用などを設定すればよいでしょう。

3歳の子と17歳の子。比較軸は「時系列」で考える、ということが大事になります。

こう考えると、30代の父親、40代の父親、50代の父親の子供たちは、幼稚園の子供、小学生から中学生の子供、高校生から大学生の子供…と扶養するこの年齢も親の年齢同様に変化します。それぞれの必要保障額は大きく差が出てくるわけです。

30歳の父親の保険金は8,000万円、40歳父親なら6,500万円、52歳父親なら1,700万円…と死亡保険金額は減っていくのが合理的です。

これを低減保険といい、定期保険から低減保険に代えることが可能。これを「変換」といいます。(よく、転換という手法で保険を継続するケースがありますが、これは変換です)これは、保険を解約せず、健康診査もせずに合理的な保障とより安い保険料の商品にチェンジすることを言います。

低減保険=家のローンと考えてみればわかりやすいでしょう。年間120万円の住宅ローンを30年支払う方は、合計で3,600万円以上を金融機関に支払います。ローン当初は3,600万円だった借金額は、返済すると、その分の残債が減っていきます。

これを保険に応用したのが、低減保険なのです。

「払い済み」を利用して、賢く保険を残そう

次は「払い済み」です。生命保険は加入して3年ほどで見直す人が多い、といわれています。加入した年齢によっては、結婚したり、家族が増えたりして保障を増やすケースもあるでしょう。

ですが、最近は、知人が保険のセールスになったので…となんとなく入りなおすことになったり、転職して強制的に入ることになったり…と、様々な動きが見られます。

保険の見直しの際、絶対に避けたいのは「乗り換え」です。乗り換えとは、いったんすべての保険を解約して、新たな保険会社の商品に加入することで、これを業界用語で「ひっくり返す」とも言います。

生命保険は若いうちに加入したものが一番安い、のが不文律です。乗り換えるにしても、残しておいた方がいい、という商品もあるのではないでしょうか?

その場合、保険料の払い込みは終了して、保険を続けるのはいかがでしょうか?例えば、終身保険に加入していた場合、今まで払い続けていた分だけの終身保険として残します。

仮に、500万円の終身保険に加入し、20年経っていたとしましょう。今、払い済みにすると280万円の終身保険が残ります、と試算してもらえれば、それを残しておくのです。

保険は保障額の合計が、しっかりしていればよいのですから、半端な280万円の終身保険でもよいわけです。必要なら、新たに他社の定期保険で2,480万円の保障を買えばよい。合理的に保険を買うのが、安上がりの道です。

非喫煙の保険に加入しよう

最近はタバコを吸う方がめっきり少なくなっています。そこで、保険会社でも非喫煙レートの定期保険などを積極的に販売しています。

自動車保険でいうところの「ゴールド免許」特約です。例えば、家族収入保険、と呼ばれる保険に多く採用されており、被保険者が死亡したら、配偶者に毎年60万円保険金が払い込まれる…というものが該当します。

喫煙者の場合と非喫煙者の場合では、25%程度保険料に差が出てくることがあり、月掛の保険料が10,000円から8,000円に下がることもあります。

団体契約の保険は残しておこう

団体契約の保険は個人の保険契約よりも10%以上安い保険料が適合されていることがあります。大企業では必ず共済会がありますし、全国規模の中小企業でもパレット共済会などと様々な労働者団体があります。

こうした共済会が幹事になって、生命保険を販売する場合、詳しい保険の説明をする人がいない代わりに、分厚い保険パンフレットだけを持たされることがあるでしょう。こうした保険パンフは積極的に見てみましょう。

中には、お得な商品もいくつかあります。できればこうしたパンフも保険相談会に持っていくとよいでしょう。もし加入していたならば、残せるものは残しておくのが良いでしょう。

 - 保険お役立ち情報, 保険選びのポイント