生命保険の悩みを解決。正しい生命保険の選び方。

特約を見直して保険料のムダを無くす

ご自身が加入されている保険の特約はどういった内容かご存知でしょうか。この特約を見直す事で、家計を圧迫している保険料のムダを無くす事ができます。現在の保険加入者の多くは、大手保険会社の定期付終身保険に加入されています。この主契約の終身保険は一生涯の保障があり、特約でいろいろな定期保険が付いていて保障が手厚く魅力的な保険に見えます。しかし加入したままずっと放っておくと10年、15年ごとに保険料がどんどん上がっていってしまいます。なので定期的に見直しをおこない、

自分に不要だと思う特約は外す、または減額をして保険料のムダを無くしていった方が良いでしょう。

不要な特約とはどんな特約なのでしょうか

皆さんは保険に加入する時にどんな特約を付けたいのかを保険会社の外交員に伝えていますか。残念ながら、ほとんどの方は自分で特約を選んで保険に加入していないのです。そもそも自分に必要な特約が付いているかどうかも曖昧なのではないでしょうか。

まずは、自分が加入している保険の特約内容をしっかり確認しましょう。そして今の自分に必要なものは何なのか考えてみて下さい。非常にシンプルですが、今の自分に必要ではないもの省いていけばいいのです。

例えば独身の方が5000万円の定期保険特約に加入していたらちょっと保障額が大きすぎるかもしれません。1000万円くらいまで減額をしてみるのも良いと思います。また介護の心配をしていない方に介護保険特約が付いていたら外してしまったほうが良いかもしれません。

こういったように不要な特約を外したり減額すれば、保険料を安くできますので1度ご自分の保険も不要な特約が付いていないか確認し、見直してみてもいいのではないでしょうか。死亡保障に対するお金の支出は仕方がありませんが、数十万円のために特約をつけた方が正しい選択とはかぎりません。日本は世界有数の長寿国です。健康に気を配り、もしもの時に備えて貯蓄しておけば、数十万円ぐらいは保険に頼らず自分で解決できるかもしれません。

保険金の増額や減額、特約の中途付加

実は、生命保険はいつでも好きなだけ増額や減額、特約の中途付加ができるわけではありません。
例えば、現在1000万円の保障額の保険に加入している人が1000万円増額して2000万円にしようとしたとしましょう。この場合、現在加入中の保険を増額する為には、追加で1000万円の新しい保険に加入しなければなりません。
なぜならば、生命保険は申込時の保障額を上限として体況の査定をしますので、契約成立後は増額することはできないのです。ただし、1000万円の保障額を500万円に減額することは、ほとんどの生命保険会社は特に問題なくできるはずです。
なぜならば、減額の場合は特に体況の査定は必要ないからです。

このように保険は、増額することは簡単にはできませんが、減額は割と簡単にできるものなのです。ただ、保険会社ごと保険種類ごとに最低保険金額が設定されていますので、最低保険金額を下回らない金額という条件はありますのでご注意ください。あと、特約の中途付加ですが保険会社や保険種類によって規定が違いますので、特約の中途付加をされたい場合は加入中の保険会社に特約の中途付加が可能か問い合わせてみて下さい。もし中途付加ができる場合は、新たに保険に加入するより保険料は節約できますが、特約の中途付加の場合にも体況の査定はありますので体況次第では中途付加できない場合もあります。